ようこそ自称住宅マニアのホームページへ

このサイトでは、住宅りリフォームの中で最も重要な外壁塗装に関する情報を書いていきます。外壁塗装は、他のリフォームに比べ相場や品質がわかりにくい業界ですので、業者を選ぶときは注意が必要です。その点についても説明していきます。

最初に知るべきこと

まずは、外壁塗装の重要性を知っておいた方がいいです。外観が色褪せてきたので、とりあえず塗装しようかな?くらいにしか考えていない人が多いと思います。実際にはもっともっと重要なことがあるんです・・・。

業者の選びのコツ

外壁塗装の業者=工務店やハウスメーカーだと思っていませんか?これらの業者は正確には外壁塗装業者ではありません。なぜなら仕事の受注はしますが、そのあとに下請けに丸投げする場合がほとんどです(全ての業者ではありませんが)

外壁塗装の業者とは、塗装を専門に行なっている業者、もしくは塗装を中心として小さなリフォームを自社の職人で行なっている会社です。この自社施工が重要なキーワードになります。

DIYは難しいの?

DIY(ディー・アイ・ワイ)とは英語でDo It Yourselfの略語となり、直訳すれば自分で行え等の意味になるのですが、慣用句としては自分の生活空間を自分の好みになるよう専門業者を使わず自分で作り変えることを指しています。結論から言うと、外壁塗装の場合は難しいです。その点について説明しています。

DIYは、一般的に家具や調度品の製作など木工が中心となっていたのですが、現在では木工に留まらず住居の部分的な補修作業など幅広く行うようになり、塀の補修や扉の修繕などに留まらず一部ではログハウスの組み立てや住宅の建築などまで行われるようになり、友人のその道に詳しい方と共に数年の歳月をかけて完成させるケースもあります。

また、外壁塗装においてもDIYで作業を行う方も少なからずいるもので、ネット上で情報が提供されていたりマスコミでも特集を組んで取材することもあるのですが、果たして本当に素人が作業することは可能なのでしょうか。

外壁塗装を行う際には足場を組んで下地を整えたり、実に多くの作業を行うことになり通常は素人の方には難しい作業となります。外壁塗装について紹介しているサイトでは、足場がレンタルできることや、一つ一つの塗装手順を詳しく紹介していますので、一見するとご自身でもできるのではないかと考えてしまうところですが、得られた情報で知識を補っても技術までを身につけることはできませんので、作業は非常に難しくあまりオススメできるものではありません。

また、作業がオススメできないのは塗装が失敗する恐れがあるだけでなく、安全面からも大きなトラブルが生じる可能性があります。例えばプロが作業にあたる工事現場でも風にあおられて足場が崩れたりネットが飛ぶことがありますし、それが万が一にもご自身の自宅で起こったら周囲に多大な迷惑を掛けることにもなりかねませんので、こうしたリスクを考えればご自身で行うのは非常に難しいです。